プランメカ ProMax® 2D

Planmeca ProMax 2D panoramic imaging units

プランメカ ProMax® 2Dは、顎顔面撮影用の装置です。そのデザインと操作性は、研究開発と技術革新がベースとなっています。この2Dイメージングデバイスは、現代の歯科放射線学のニーズを十分満たすことができます。

臨床2D画像


オープン型の患者位置合わせ

プランメカ ProMaxのオープンフェイスアーキテクチャは、患者さんを正確に位置合わせすることができます。この位置合わせは、位置合わせの正確なポイントを示すトリプルレーザービームシステムを用いて、イメージングデバイスのオートフォーカス機能または手動調整で行うことができます。

Planmeca ProMax 2D open patient positioning


使いやすいコントロールパネル

プランメカ ProMax 2D は、位置合わせ作業をガイドするインターフェースを備えているため、スムーズなイメージングが可能です。画像タイプとターゲットごとに部位とコントラスト値が事前にプログラムされているため、時間を節約するとともに患者さんに集中することができます。

Planmeca ProMax 2D user-friendly control panel


フォーカス調整

当社の研究によれば、患者さんの解剖学的形態に合わせた 形にイメージを合わせると、よりクリアなパノラマ画像が 撮影可能です。患者さんの顎の形や大きさを基に コントロールパネルに表示されている形状を選択してください。

Planmeca ProMax adjustable focal layer


被曝量の自動調整

ダイナミック出力コントロール機能(DEC)は、患者さん毎の 解剖学的構造や骨密度に応じて被曝量を自動的に調整します。 DECによって、パノラマやセファロ画像の明るさやコントラスト の品質が向上しました。

Planmeca ProMax 2D automatically adjusted exposure values


SCARAテクノロジー

特許取得済みのSCARAテクノロジーは、解剖学的に正確な イメージングジオメトリを確立し、要求された撮影動作を 実行できます。そして、正確で信頼性の高い撮影領域の調整が 可能になり、明瞭でエラーの少ない画像が得られ、患者さん の被曝線量を大幅に低減できます。

詳細を確認する

Planmeca ProMax SCARA


広範囲にわたるパノラマプログラム

プランメカProMax®️ 2Dイメージングデバイスには広範囲な 撮影プログラムが用意されており、多様な臨床ニーズに対応 できます。また、適切な照射フォーマットを選択することで、 患者さんと診察目的に応じて実行線量を最小限に抑えること ができます。

Planmeca ProMax 2D extensive imaging programs


2Dから3Dへのアップグレード

プランメカProMax2Dイメージングデバイスはアップグレード 可能に設計されています。 2Dから3Dへアップグレードしたり、セファロモジュールの 追加などのソリューションを提供します。

Planmeca ProMax 2D upgradeable imaging unit

お近くの販売代理店にお問い合わせください