プランメカ ProMax® 3D Plus

Planmeca ProMax 3D plus CBCT unit

プランメカ ProMax® 3D Plusは総合的な3Dイメージング装置です。歯列だけでなく、顎顔面領域の3D画像を提供します。

ProMax 3D Plus volumes

ボリュームサイズ

Ø200 x 100 mm
Ø200 x 60 mm
Ø160 x 100 mm
Ø100 x 100 mm
Ø100 x 60 mm
Ø80 x 80 mm
Ø80 x 50 mm
Ø40 x 80 mm
Ø40 x 50 mm


画質 - 臨床画像

撮影時の患者さんの動きを補正

患者さんの動きは3D画像の画質に大きく影響を及ぼします。プランメカ CALM™ アルゴリズムを使用すると、動きによって生じるアーチファクトを除去することができ、鮮明な最終画像が得られます。

詳細を確認する

Planmeca CALM











プランメカCALM™️


高度なENTイメージング

プランメカ ProMax 3D Plusデバイスのボクセルサイズは75~600 μmの範囲ですが、プランメカ Romexis® ソフトウェアは、気道、副鼻腔、軟組織、および耳の最も小さな骨構造も画像化する多用途の機能を搭載しております。

Planmeca ProMax 3D ENT


低線量画像

プランメカ Ultra Low Dose™ 撮影プロトコルにより、パノラマ画像よりもさらに低い線量で3D画像を取得できます。このプロトコルは、当社のすべての3Dイメージングデバイスている機能です。

詳細を確認する

Planmeca Ultra Low Dose imaging


操作性に特化したユーザビリティ

使いやすさと患者さんの快適さを追求した プランメカ ProMax 3D Plusイメージングデバイスは、撮影開始から撮影完了まで効率的なワークフローを提供できるように設計されています。

 

Planmeca ProMax 3D Plus excellent usability


高画質の歯内イメージング

当社の歯内撮影モードは、最小ボクセルサイズが75 μmの為、非常に高い解像度の画像提供が可能です。

詳細を確認する

Planmeca ProMax 3D plus endodontic imaging


複合イメージング

プランメカ ProMax 3D Plusは、あらゆる種類の画像を取得できる真のオールインワンユニットです。3Dイメージングのほか、常に最適な画質でパノラマ撮影やセファロ撮影も可能です。

Planmeca ProMax 3D plus multifaceted imaging


イメージングソフトウェア

プランメカ Romexis®️ソフトウェアは、あらゆる規模の 診療所に適した統合型イメージングツールを提供します。 さまざまな撮影とCAD/CAMワークフローを組み合わせた 歯科ソフトウェアです。

詳細を確認する

Planmeca Romexis imaging software


SCARAテクノロジー

SCARAとはSelectively Compliant Articulated Robot Armの略で、Planmecaの特許取得済みのロボットアームテクノロジーを指します。これにより、装置は撮影モードに合わせたフレキシブルな稼働が可能となります。

詳細を確認する

Planmeca ProMax SCARA

お近くの販売代理店にお問い合わせください