プランメカ ProMax® 3D Max

Planmeca ProMax 3D Max CBCT unit

プランメカProMax®️3D Maxは、顎顔面領域の診断時に必要となる最小限のサイズから頭全体の画像まで、すべてのボリュームサイズを撮影可能な専用3Dイメージングデバイスです。

Planmeca ProMax 3D Max volume sizes

ボリュームサイズ

Ø230 x 260 mm
Ø230 x 160 mm
Ø230 x 100 mm
Ø230 x 60 mm
Ø130 x 160 mm
Ø130 x 130 mm
Ø130 x 100 mm
Ø130 x 90 mm
Ø130 x 55 mm
Ø100 x 130 mm
Ø100 x 90 mm
Ø100 x 55 mm
Ø50 x 55 mm


モーションアーチファクト補正アルゴリズム

プランメカ CALM™ は、患者さんの動きに起因するアーチファクトをCBCT画像から除去するための方法です。このアルゴリズムは、オプションとしてPlanmecaのすべての3Dユニットでご利用いただけます。

詳細を確認する

Planmeca CALM











プランメカCALM™️


優れたCT画質

あらゆるボリュームサイズを選択できるため、個々の臨床ニーズを満たす画像を最適な解像度で撮影することができます。

詳細を確認する

Planmeca ProMax 3D Max Superior CBCT image quality


プランメカ Ultra Low Dose™

当社独自のプランメカUltra Low Dose™️撮影プロトコルは、 低い実行患者線量で3D画像を撮影できる手法です。これにより、 臨床医は標準的な2Dパノラマ画像と同等以下の患者線量で、 画質の低下を生じることなく、より多くの情報を収集することがでます。

詳細を確認する

Planmeca Ultra Low Dose imaging


広範囲にわたるENT撮影

ENTイメージング専用の幅広いプログラムを備えた プランメカ ProMax 3D Maxは、副鼻腔、耳、気道などの広範囲の撮影が可能です。

Planmeca ProMax 3D ENT


統合的な撮影オプション

プランメカ ProMax 3D Maxは、複数の撮影プロトコルを搭載しています。

詳細を確認する

Planmeca ProMax 3D max imaging options



簡単な操作環境を提供するユーザビリティ

プランメカ ProMax 3D Maxの撮影ワークフローは、便利なオープン型の患者位置合わせ、簡単なスカウト撮影、および各手順を直感的な操作を可能にするコントロールパネルで構成されています。

Planmeca ProMax 3D Max excellent usability


統合型イメージングソフトウェア

プランメカ Romexis® ソフトウェアは、すべての機器を統合する、パワフルで柔軟なソフトウェアです。ソフトウェアには多くのツールと統合的な機能が搭載されております。

詳細を確認する

Planmeca Romexis imaging software


歯科矯正ブラケットの撮影に最適

プランメカ ProMax®️ 3D Maxは、SureSmile治療システムとの 使用が認証されています。このイメージングデバイスの歯科矯正 ブラケット撮影プロトコルは、歯科矯正ブラケットを使用した 患者さんの撮影に最適です。

 

Planmeca suresmile


SCARAテクノロジー

特許取得済みのSCARAテクノロジーは、解剖学的に正確な イメージングジオメトリを確立し、要求された撮影動作を 実行できます。そして、正確で信頼性の高い撮影領域の調整が 可能になり、明瞭でエラーの少ない画像が得られ、患者さん の被曝線量を大幅に低減できます。

詳細を確認する

Planmeca ProMax SCARA

お近くの販売代理店にお問い合わせください