プランメカ 4D™ Jaw Motion
Real-time jaw movement tracking – in 3D

プランメカ 4D™ Jaw Motion は,顎運動を3Dで追跡,視覚化,分析できるCBCT統合ソリューションです。これは,リアルタイムで顎運動を3D表示し,
4次元による診断を可能にします。


顎運動のトラッキング

患者様が専用のトラッキング装置を装着した状態で,Planmeca 3DデバイスでCBCT画像を撮影します。その後,プランメカ ProFace® カメラを使用して,上顎に対する下顎の動きを追跡します。

Planmeca 4D Jaw motion


包括的な測定と視覚化

プランメカ 4D Jaw Motionを使用することによって,コロナル,サジタル,アキシャルのモーショングラフと3D 画像で,関心のあるポイントの動きを測定および視覚化ができます。

Planmeca 4D Jaw Motion


プランメカ Romexis®
ソフトウェアの一部

すべての動きは,プランメカ Romexis® ソフトウェアでリアルタイムに視覚化されます。 また,分析やその他の使用のためにデータを保存することも可能です。

Planmeca Romexis software


簡単にエクスポート

運動データと測定情報は,サードパーティのソフトウェアに簡単にエクスポートして,さらに分析や治療計画を立てることができます。 XMLおよびCSVファイル形式の両方に対応しています。

Planmeca software easy exports


用途

プランメカ 4D Jaw Motionは,下顎と顆頭の動きを視覚化する機能により,顎関節症(TMD)検査,術前計画,術後治療の検証,および咬合器のプログラミングを支援するツールになります。